2010 阪神熱戦の記録

なんちゅうゲームするねん!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/19
   ソフトバンク戦福岡ヤフードーム
    
阪 神 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3 8 1
SH 0 0 0 2 1 0 5 1 X 9 16 0

勝 ホールトン 5勝 4敗  0S
S 
負 上園    2勝 2敗  0S
【本塁打】
阪神
ソフトバンク〕オーティズ14号 柴原2号 多村8号


なんちゅうゲームするねん(;`O´)o

ボロボロやがな・・・もうやだ〜(悲しい顔)

打てない・・・

守れない・・・

はぁ〜〜〜〜〜・・・


園の先発で、期待したのに・・・

最初から球は高いし、コントロールもあまい・・・
何より、覇気がない・・・

それでも、何とか抑えていたけど・・・

その後のリリーフ陣が倒壊・・・

川崎も打たれ・・・

江草も打たれ・・・

久保田はボコボコ・・・

反撃ムードなんてまったくなしもうやだ〜(悲しい顔)


久々に、球場が静まり返った貴重な場面を見せていただきました。


「ドあほ!」

「ファンを黙らしてどないすんねんちっ(怒った顔)

地元に帰ったらお仕置きやexclamation×2

全員ケツ出せexclamation×2

2010 阪神熱戦の記録

代打の神様降臨!!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/18
   ソフトバンク戦福岡ヤフードーム
   
阪 神 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 4 8 0
ソフトバンク 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 7 0

勝 江草    1勝 0敗  0S
S 藤川球   1勝 0敗 11S
負 摂津    2勝 1敗  0S
【本塁打】
阪神
SH


阪神タイガース

代打の神様!

桧山 進次郎降臨exclamation×2


プロ野球交流戦阪神タイガースは1勝3敗と負け越して、
乗り込んだ、福岡ヤフードームでのソフトバンクとの一戦。

阪神タイガースの先発は、不運が続く久保投手。
そして、ソフトバンクは、小椋で始まったゲームは、
息詰まる、投手戦となりました
(`^´) (`^´)
う〜ん・・・プハァ〜息するの忘れてた(汗あせあせ(飛び散る汗)

先制したのは阪神タイガースでした^^
3回、ブラゼル、桜井と連続三振に倒れ、
打順は、9番藤川俊介。
ここまで、阪神打線は、ソフトバンク先発の小椋に対して、
無安打、無走者、パーフェクトに押さえ込まれていました。
そんな小椋に対して、藤川俊介は、新人らしからぬ冷静さで、
ボールを見極め、パーフェクトだった小椋から四球を選んで出塁。

そして、続くマートンの打席で、いきなり初球に盗塁!
ボールは2塁に送球されたが、藤川俊介の足のほうがはるかに速く

⊂=(^0^)=つセーフ!!

ようやく自慢の俊足を魅せて、今シーズン初盗塁^^

「楽勝セーフや!」

そんな藤川俊介をセカンドに置いて、打席のマートンは、続く2球目を
ライト方向へ。

「アカン(>_<)」

打った瞬間そう思いました・・・

でも、打球はグングン伸びて、フェンスダイレクトの
タイムリー3ベースヒットexclamation×2
なんと、阪神タイガースが1安打で先制してくれましたわーい(嬉しい顔)

どちらかと言うと、阪神先発の久保のほうが、ランナーを出して、
おされ気味だったのに、先制点を阪神タイガースが奪うとは、
神様も、粋な計らいをしてくれますね〜^^

でも、その貴重な先制点も、4回に久保が乱れて?
2アウト満塁のピンチで、柴原にレフト前に弾き返され、
3塁ランナー小久保が生還(>_<)
それに続いて、2塁ランナー多村も本塁を狙いましたが、
阪神タイガースのレフト、藤川俊介のバックホームで、
本塁寸前、

タッチ|_(`0´ )アウト!!

「ナイスバックホーム、俊介!」

危うく、逆転されるところでした(ふぅ〜

その後、両投手の好投で、ゲームは後半に進み、
迎えた7回、ついに1対1の均衡が破られてしまいました・・・
でも、この時も、藤川俊介の再三の好守で、最小点1点にとどめることが出来て、
劇的な勝利を手繰り寄せてくれるきっかけとなりましたね^^
この守備を魅せられると、もう藤川俊介は外せません。。。

そのまま、ゲームは9回へと進み、
ソフトバンクのマウンドには、馬原が上がり、
打席には、かつての同僚、城島。
ここは、貫録勝ち?でしょうか、レフト前ヒットで出塁。
そして、代走に大和起用^^

その大和が、ブラゼルへの初球に盗塁\(◎o◎)/!
セカンドへヘッドスライディングexclamation
土煙の中、判定は

⊂=(^0^)=つセーフ!!

真弓阪神になってから初めてと言っていいくらい、積極的な攻撃です。

しかし、期待のブラゼルは、3塁ファールフライ・・・
続く桜井もサードゴロに仕留められ、ランナー釘付け・・・
9回も2アウト・・・
このままか・・・

ここで、打席に送られたのは、
阪神タイガースの代打の神様、桧山 進次郎!!
ヤフードームに詰め掛けた阪神ファンからの大声援グッド(上向き矢印)
当然、虎キチも大きな声援を送りました。

「ひーやん!頼むわ!!」

その桧山は、馬原の初球を捉え、打球はレフトへのフライ・・・がく〜(落胆した顔)
一瞬、「アカン(>_<)」と思いました。
でも、これが神様の力でしょうか^^
打球は、内外野の中間にポトリわーい(嬉しい顔)

セカンドランナー大和がホームに還って、9回2アウトの絶体絶命のピンチからの劇的同点として、阪神タイガースの勝利への執念を見せてくれましたわーい(嬉しい顔)

「さっすが、ひーやん!」

「やっぱり、あんたが代打の神様や!!」

土壇場で同点とした阪神タイガースの勢いは、
続く10回の攻撃へと繋がります。

平野、鳥谷の連続ヒットで、0アウト1,3塁のチャンスを作ると、
アニキ金本選手がDHで復帰したこのゲームでも4番を任された、
新井がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、3塁ランナー平野が生還して、
勝ち越しに成功^^

そして、5番DHに入った金本選手も、ライト前ヒットで、さらにチャンスを広げて、
続く大和もライトへ打ち上げ、3塁ランナー鳥谷が還って、2点差とし、
10回裏には、当然、藤川球児がマウンドに上がり、
ソフトバンク打線を抑えて、

ゲ〜ムセットexclamation

この息詰まる一戦をものにしましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

それにしても、力が入りましたね〜
藤川俊介の好守備も光りましたし、
マートンの勝負強さも光りました^^

でもやっぱり、光り輝いたのは、
代打の神様、桧山 進次郎選手でしょう^^

金本選手が、代打に回って、大切な場面での起用が少なくなっていましたが、
こことゆうときの、集中力はさすがです。。。

同じ京都出身とゆう事で、これからも応援し、続けますわーい(嬉しい顔)

これからも、頼むで、

ひ〜やんわーい(嬉しい顔)

2010 阪神熱戦の記録

ドッしらけゲームo(`O´#)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/16
   楽天戦甲子園球場
    
楽 天 1 1 3 0 0 2 0 0 0 7 10 0
阪 神 0 0 2 1 0 0 0 0 0 3 5 1

勝 田中     5勝 3敗  0S
S 
負 スタンリッジ 1勝 1敗  0S
【本塁打】
阪神〕ブラゼル14号
楽天〕草野4号


今日のゲームは、スタメン発表の時点で“しらけ”てしまいました・・・

みなさんは、どうでしたか?

こんな思いをしたのは、虎キチだけでしょうか?

だってそうでしょう。
阪神の先発ピッチャーは、前回も、散々な目にあっている、
スタンリッジですよ・・・

そして、相手楽天の先発は、田中将大(マー君)ですから、
始まる前から、ゲームを捨てていたとしか思えない、投手起用でした。
前楽天監督の野村さんが言っていたように、

「マー君神の子・・・」

ですよ、
それに比べて、スタンリッジのほうは、神は神でも、
“背神”(信)ですよ・・・

ゲームが始まると予想通り、スタンリッジがいきなり捕まり、
新井の悪送球なども絡んで、あっさり先制点を献上(>_<)
それでも、1回は何とか1点で終わりました。
続く、2回には、山崎おじさんにいきなり初球を2ベースされ、
嶋に進塁打を打たれて、1アウト3塁のピンチ・・・

このとき、テレビ解説の吉田さんは、
「ここですよ、ここをしのいだら」
とおっしゃっていましたが、
スタンリッジに“0”で抑えろなんて、どだい無理な話です。
ヒットを打たれることなく、自らワイルドピッチで、ランナーをなくして、投げやすくしましたふらふら
これも、作戦ですかねぇ?

さらに、3回には、簡単に2アウトを取りながら、
鉄平、中村紀に連続ヒットされ、挙句の果てには、草野に3ランを浴びて、
3点献上・・・ 

「ドアホ」o(`O´#)

これで0対5・・・ゲームは・・・

そんな劣勢の中、阪神タイガースの反撃が始まったのは、
3回裏でしたね^^
こちらも、2アウトから、マートン四球、平野ヒットでチャンスを作ると、
3番鳥谷が、田中が投じた真ん中高めの失投を見逃すことなく、
左中間へ弾き返し、2者を迎え入れて、反撃の狼煙を上げました。

そして、続く4回には、ブラゼルが、田中も呆然とするような、
技ありのバッティングで、レフトスタンドへ放り込み、
さらに追撃態勢を整えましたわーい(嬉しい顔)
このホームランで、ブラゼルは、ホームランダービートップに躍り出ました^^

こうして、盛り上がった甲子園球場でしたが、
その反撃ムードに水をさしたのは、6回途中から登板した石川でした・・・
5回から登板して、好投した川崎の後を継いで、登板した石川でしたが
いきなり、山崎おじさんにレフト線を破られる2ベース(>_<)

と、思ったら、おじさんの足が遅くてシングルヒットわーい(嬉しい顔)

楽天打線は下位、
ここで、後続をピシャリといけば問題なかったのですが・・・
続く嶋に四球・・・
渡辺にタイムリー・・・
挙句の果ては、ピッチャー田中にもタイムリーを浴びてしまい、
致命的な2点を取られてしまい、
その後阪神打線は、楽天投手陣を打ち崩す事が出来ず、
完敗・・・

でも、なぜ真弓監督は、スタンリッジを先発させたんでしょうね?
ローテーション的には、
前回好投した鶴投手でもよかったと思うんですが?

そして、その鶴投手を、8回から登板させていますし???

益々、分かりません??????????????

どちらにしても、もうスタンリッジの先発は今後ないでしょう(断言

虎キチが、思っていた通り、やっぱり他所(SB)が捨てた
“ポンコツ”でしたね・・・

阪神のフロントさんも、もう少しまともな投手を探してくださいよ・・・

お願いしますm(_ _)m


あ〜あ!

気持ちを切り替えて、福岡決戦を応援するぞexclamation

2010 阪神熱戦の記録

阪神 岩隈撃ち!!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/15
   楽天戦甲子園球場
    
楽 天 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 8 0
阪 神 1 0 0 0 1 0 0 1 X 3 10 1

勝 フォッサム 2勝 0敗  0S
S 藤川球   1勝 0敗 10S
負 岩隈    4勝 3敗  0S
【本塁打】
阪神〕ブラゼル13号
楽天

阪神タイガースプロ野球交流戦初勝利!!

プロ野球交流戦が始まって、日本ハムに連敗スタートとなった
阪神タイガースでしたが、
この日は、パリーグを代表する投手、岩隈を攻略しての勝利となりましたわーい(嬉しい顔)

阪神先発は、フォッサム。
そして楽天は、2枚看板の一人岩隈の先発で始まったこのゲームでしたが、
1回表に、中村紀にセンター前タイムリーを許して1点を先行されてしまいます。
連敗中の阪神タイガースですから、
甲子園球場も重苦しい空気・・・

でもすぐその裏、金本選手の弟分、新井選手が、お返しの
センターへのタイムリーを放って、すぐさまゲームを振り出しに戻し、
実質、0対0みたいなもの^^

ここからは、投手戦でした^^

でも、投手戦となると、先に崩れるのは・・・

そう誰もが思ったと思います。

「そんな事あるかちっ(怒った顔)

とおっしゃっている、あなた!
心の中では、多少なりと思っていたでしょ(ーー;)

でも、先に攻略したのは、阪神打線でした^^
5回、この回先頭バッターの若い藤川俊介選手が、
初球の高めのストレートを弾き返して、レフト前ヒットで出塁すると、
続くフォッサムのあたりで、2塁進塁^^
1番に打順が返って、マートン選手に期待がかかりましたが、
ここは、岩隈の意地でしょうか?
好調マートン選手も見逃しの三振に倒れ、2アウト。

それでも、続く平野選手が、内野安打で繋ぎ、チャンスが広がって、
打席には、阪神タイガース選手会長鳥谷敬登場^^

「鳥谷!一本打ったってくれ〜」

誰もがそう願った、鳥谷選手の打席。
その期待に応え?
鳥谷選手の打球は、フラフラっと上がったレフトフライ・・・
でも、これが幸いして、ポテンヒットわーい(嬉しい顔)
3塁ランナー藤川俊介選手が還って、
阪神タイガースが勝ち越しに成功わーい(嬉しい顔)

阪神先発のフォッサムは、初回の1失点以外楽天に得点を与えず、
6回を投げきって、後をリリーフ陣に託しました。
そんな、フォッサム投手の2勝目を託されたリリーフ陣の一番手で登場したのは、
連日好投を見せてくれている、渡辺投手
一昨年のような鉄壁のリリーフを魅せ、頼りになる男です^^

そして、続く8回のマウンドには、西村君^^
そう、久保田投手では、ありませんでした。
相次ぐ、セットアップ失敗に、ついに真弓監督も決断を下したようです。

そんな信頼の階段を一つ登った西村君ですが、
場面は、8回、1点差と痺れる場面ふらふら
2アウトながらランナー2塁と一打同点の場面を作ると、
真弓監督は、迷うことなく、マウンドに、
阪神タイガースの絶対的守護神藤川球児を送り、必勝態勢exclamation

この日初回にタイムリーを放っている中村紀を歩かせ、1,2塁と塁を埋めてから、
代打草野と対し、ライトフライに打ち取り、1点を死守しました。

阪神タイガース藤川球児を投入したと言う事は、
もう絶対に負けることは、許されません。。。

そんな、チームの雰囲気を全身に受けて、8回裏先頭バッターのブラゼル選手は、打席に向った。
マウンドには、まだ、岩隈の姿が。
ここまで、3−0と完璧に押さえ込まれていたブラゼル選手でしたが、
この打席は、違いました^^
岩隈の投じた、初球外角高めのスライダーを完璧に捉え、
阪神ファンで埋め尽くされたライトスタンドへ、アーチを掛けてくれましたわーい(嬉しい顔)

盛り上がる甲子園球場exclamation
揺れる甲子園球場exclamation×2

もうこれで、阪神タイガースの勝利は確定わーい(嬉しい顔)

と思ったのですが・・・

9回表に、楽天の思わぬ反撃に遭い、
球児が1点を失ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

今シーズンは、防御率0.00を目標にしていた球児にとっては、
痛い失点となってしまいました・・・

でも、ゲームは、阪神タイガースの勝利でしたわーい(嬉しい顔)

プロ野球交流戦初勝利を、岩隈撃ちで果たした阪神タイガース
今日ももう一枚の看板を割って、
連勝といきたいものですね^^

マー君ごめん、打たしてや(願 願)

2010 阪神熱戦の記録

阪神投手陣崩壊(´;ω;`)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/13
   日本ハム戦甲子園球場
    
日本ハム 2 2 00 0 0 3 1 0 8 14 2
阪  神 1 0 0 2 0 0 0 1 0 4 6 0

勝 木田 2勝 0敗 0S

負 下柳 2勝 3敗 0S
【本塁打】
阪 神〕城島8号 ブラゼル12号
日ハム〕稲葉6号

阪神タイガース投手陣崩壊状態(´;ω;`)

甲子園球場で始まった今年のセ・パ交流戦ですが、
昨日に引き続き、北海道日本ハムファイターズとの対戦でしたが、
阪神タイガース先発の下ちゃんが、大誤算でした・・・
初回いきなり稲葉に2ランを浴び、
すぐその裏2塁にマートンを置いて、鳥谷のセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースヒットで、1点返しましたが、
それでも、下ちゃんは、立ち直れず、
2回にも2アウトランナー1塁の場面で、日本ハム先発の増井に左中間を破られるタイムリー2ベースを打たれるなど、
2失点(>_<)
結局、下ちゃんは、2回もたずに、降板ふらふら

その後、リリーフ陣が踏ん張り、
迎えた4回城島のソロホームランで反撃の狼煙を上げると、
続くブラゼルも、らしい豪快なスイングで、
ライトスタンドに突き刺さる、

2者連続ホ〜ムラ〜ンわーい(嬉しい顔)

まさに、ピンポン球でしたわーい(嬉しい顔)

ようやく盛り上がってきた、甲子園球場に詰め掛けた阪神ファンでしたが、
その後、追加点が奪えないまま、ゲームは後半戦に突入していきましたが、
7回から登板した久保田が下ちゃん以上の大誤算でしたふらふらふらふらふらふら
4連打で、3点を追加され、阪神タイガースベンチも、呆れ顔(*_*;
真弓監督は、口をポカ〜ンと開けて、
呆然といった感じでした・・・
結局、その後の阪神タイガースの反撃も1点に終り、
交流戦日本ハムに連敗・・・

すぐ下を見れば、
中日ドラゴンズに尻尾を掴まれています・・・

そして、上のウサギが一休みしているのに、
虎は、春眠の真っ最中・・・

次の楽天との対戦は、2枚看板の登板が濃厚ですから、
阪神タイガースの苦戦は必定・・・はぁぁぁ

こうなれば、

誰か出てこ〜いexclamation

と叫びたくなりますねぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。