2010 阪神熱戦の記録

ノラリとクラリ・・・

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/26
   埼玉西武戦甲子園球場
    
西 武 0 1 0 0 0 1 0 1 0 3 7 1
阪 神 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0

勝 石井一     6勝 2敗  0S
S シコースキー 0勝 2敗 17S
負 下柳      2勝 4敗  0S
【本塁打】
阪 神〕桜井6号
西 武〕栗山3号

阪神、西武のノラリ、クラリ対決は、残念ながら、
西武の勝ち・・・

この日の先発は、下ちゃん。
一方西武は、石井一。

どちらも、多彩な変化球とコントロールで勝負する、
老獪なピッチングが持ち味の両投手。

ゲームは始まる前から、
打ち合いになりそうな雰囲気でしたが、
さにあらず。

両投手とも、持ち味を存分に出し合った投手戦。

先に、得点を許したのは阪神の下ちゃんでした・・・
2回、GG佐藤に犠牲フライを打たれて、1点を許しますが、
その後は、持ち味を出して、
ランナーは許すも、得点は与えない、いつものピッチング。

一方、西武石井一を捉えきれない阪神打線・・・
スコアボードには、“お饅頭”が並んでいきます・・・

それでも、何とか踏ん張っていた下ちゃんでしたが、
6回に、ランナー1,2塁から、ブラウンにレフト前にポトリと落ちるタイムリーを打たれ、2点目・・・

それでも、ゲームはしっかり作ってくれました。

後は、阪神打線の目覚めを待つだけでしたが、
頼みの打線は、最終回に桜井のソロで1点返すのがやっと・・・

完封負けこそ逃れましたが、
惨敗でしたもうやだ〜(悲しい顔)

本当は、今日勝たなくちゃならないゲームだったのに・・・
(´;ω;`)グスッ

明日、西武は涌井の先発だし・・・

・・・

・・・

・・・

眠い(睡眠)

2010 阪神熱戦の記録

阪神完封で連勝!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/25
   千葉ロッテ戦甲子園球場
    
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
阪 神 4 2 0 2 0 0 0 0 X 8 16 0

勝 スタンリッジ 2勝 1敗  0S
S 
負 小野      3勝 1敗  0S
【本塁打】
阪 神
ロッテ

阪神タイガースが完封勝ちで連勝わーい(嬉しい顔)

3連敗の後の連勝!
大きく打線を組み替えた阪神タイガースの打線が、
今日は本当によく働いたと思いますね^^


平野、俊介と倒れて、2アウトからの反撃でした。
3番マートンがレフトへの2ベースで出塁すると、
4番新井がタイムリーヒットを放って、まず1点。

そして続く5番ブラゼルの打球は、ロッテ先発の小野を襲い、右肩直撃のヒット!
これで、先発ピッチャーがマウンドを降りた事で、
阪神打線が、勢い付いたことは、間違いありません。

そして、急遽マウンドに登った川越は、
6番城島に死球 (>_<;)痛!
これで満塁となって7番に下がっている鳥谷。

サードへの内野安打で1点追加。
そして桜井は、レフト前への2点タイムリーで初回4得点わーい(嬉しい顔)

今日、阪神タイガースの先発は、連続KOのスタンリッジ。
立ち上がりが心配でしたが、過去2回とは違い、
この日は、無難な立ち上がりを魅せ、ロッテ打線にチャンスを与えません。

そんなスタンリッジでしたが、前が前だけに信用できません(ーー;)

そんな状況ですから、阪神打線には、追加点を取ってもらいたかったのですが、
今日は、ドンドン入りましたね^^

2回には、2番俊介の2ベースヒットを足がかりに、
マートンが繋ぎ、2,3塁として、
打席には、初回にもタイムリーを放っている新井。

ここも、新井は前進守備の二遊間を抜ける2点タイムリーわーい(嬉しい顔)

そして、4回にも、マートンがレフト前ヒットで出塁。
新井倒れて1アウト後、5番ブラゼルがライト線タイムリー2ベースで
1点追加わーい(嬉しい顔)

さらに続く城島も今度はレフト線タイムリー2ベースヒットexclamation
またまた1点追加で、8−0わーい(嬉しい顔)

これだけ得点をあげれば、如何にスタンリッジと言えども、
もう大丈夫でしょう・・・?

それでも、やっぱり心配でしたね・・・

でも、この日は、見違えるような感じでした。
ロッテの選手が戦意喪失と言った感じもありましたが、
大量点に守られて、6回3安打無失点。

その後も、リリーフ陣が得点を与えず、
ロッテを完封して、連勝ですわーい(嬉しい顔)


それにしても、どっちが本当のスタンリッジなんでしょうね???

今日のピッチングを見ると、もう一回と思いますが・・・
果たして、額面どおり受け取ってもいいんでしょうか?

みなさんは、どう思います?


さあ、次は西武ライオンズを迎えての対戦ですね。

こちらも、強力投手陣を擁していますから、
苦戦は、覚悟しなくては、ならないでしょうね・・・

でも、今の阪神打線なら大丈夫exclamation

西武も叩いて、4連勝やexclamation

2010 阪神熱戦の記録

新打線で連敗脱出(‐^▽^‐)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/24
   千葉ロッテ戦甲子園球場
    
ロッテ 1 0 0 0 0 0 3 0 0 4 9 0
阪 神 1 0 3 0 0 0 0 0 1x 5 11 0

勝 球児    2勝 0敗 11S
S 
負 薮田    0勝 1敗  1S
【本塁打】
阪 神〕新井6号
ロッテ〕大松9号

阪神タイガースさよなら勝ち!!

いや〜いいゲームでしたね〜

久々にゲーム開始から観戦しましたが、
まず最初に驚かされたのが、阪神タイガースの新打線でした。

これまで、真弓監督は、ほとんど打線を動かしませんでしたが、
この日の先発メンバーは、ほとんど動いていました。

1番 セカンド   平野
2番 センター   藤川俊介
3番 レフト    マートン
4番 サード    新井
5番 ファースト  ブラゼル
6番 キャッチャー 城島
7番 ショート   鳥谷
8番 ライト    桜井
9番 ピッチャー  久保

今まで不動だったマートンを3番に入れ、
2番に俊介を大抜擢!!

新打線で動いていないのは、4番新井だけ。

そんな阪神タイガース新打線で、挑んだ千葉ロッテとの交流戦でしたが、
阪神タイガースの先発は、
今、阪神タイガースの先発陣の中で、一番信頼できる久保投手でした。

ですが・・・

いきなり1回に捕まって、先制点を奪われてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

連敗中の阪神タイガースにとっては、先取点を許したくなかったのですが・・・

それでも、すぐその裏、阪神タイガースの新打線が働きました^^
千葉ロッテの先発は、最近見ることの少ないアンダースロー渡辺俊でした。

その渡辺俊に対して、いきなり平野が四球で出塁すると、
2番俊介の2球目に盗塁!
しかし・・・
2塁寸前 
タッチ|_(;。; )アウト・・・
まずい攻めをみせてしまいましたが、
俊介は、シュアなバッティングで、レフト前に弾き返して、
再びチャンス^^

そして新3番マートンがライト前ヒットで繋ぎ、4番新井を迎えましたが、
前進守備のショートゴロ・・・
3塁ランナー俊介が、ホームを狙いましたが、こちらも
タッチ|_(;。; )アウト・・・
チャンスは潰えたかと思いましたが、
ブラゼル選手がやってくれましたわーい(嬉しい顔)
外角の見逃せばボールとゆう球を、バットの先端で捉えて、
レフト前のタイムリーヒットわーい(嬉しい顔)
すかさず同点です^^

その後、久保投手もランナーを出しながらも、尻上りに調子を上げ、
前のゲームで、20得点したロッテ打線に追加点を与えません。

そして、阪神タイガースの新打線が、再び機能するときが^^
3回、この回先頭バッターの俊介が、センター前に弾き返して、
2打席連続ヒットexclamation

「ええがな、俊介」

そして、自慢の足で、セカンド盗塁ダッシュ(走り出すさま)
キャッチャー里崎も投げられない完璧な盗塁を披露わーい(嬉しい顔)

そして、不動の4番となった新井がレフトスタンドに叩き込んで、
2点追加^^

「久しぶりに仕事したなぁ、粗いさん」

その後、城島がヒットで出塁すると、
ビックリ仰天\(◎o◎)/!
なんと、鈍足城島が盗塁exclamation
これには、ロッテバッテリーも無警戒^^

「そらそやわな、城島が走るとは誰も思わんワ」^^

その城島の盗塁を活かしたのは、7番に降格した鳥谷でした^^
レフトへ弾き返して、2塁ランナー城島を迎え入れて、1点追加わーい(嬉しい顔)

これで、久保投手も楽になったでしょう^^

でもその後、阪神打線は、追加点を奪えず、
迎えた7回、ここまで好投を続けていた久保投手が捕まり、
3失点ふらふら
このときの、城島のリードは、悪いパターンのリードでした・・・
ストレートを狙い打たれての3失点・・・

そして、ゲームは同点のまま9回へ。
マウンドには、同点ながら球児が登り、
阪神タイガースは、背水の陣。。。

負けられませんexclamation×2

球児も気合十分exclamation×2
ロッテ打線を相手にせず、簡単に3人斬り^^

そして、やってきました、歓喜のときがわーい(嬉しい顔)

3番マートンのライト前ヒットを足がかりに、
新井、葛城が四球を選び、1アウト満塁の大チャンスexclamation

このさよならのチャンスに打席には、城島!

「引っ掛けて、3塁ゴロだけややめてくれ」

そんな不安を持ちながら見守った打席は、
泳ぎながらも、センターへのフライ・・・

「ちょっと浅いか」

それでも、3塁ランナーマートンは、ホーム突入exclamation×2

滑り込んで、

⊂=(^0^)=つセーフ!!

阪神タイガース

さよなら!さよなら!さよなら〜!

ほんま、ドキドキハラハラやったけど、
勝ててよかった(ホッ

さぁもういっちょういっときまひょ^^

2010 阪神熱戦の記録

鶴の恩返しはいつの事やら┓( ̄_ ̄;)┏

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/22
   オリックス戦京セラドーム
    
阪 神 1 0 0 1 0 1 0 0 0 3 9 0
オリックス 0 0 2 0 1 1 0 1 X 5 8 0

勝 木佐貫   4勝 5敗  0S
S レスター  0勝 1敗  8S
負 鶴     0勝 1敗  0S
【本塁打】
阪 神〕マートン8号 ブラゼル15号
オリックス〕荒金1号 バルディリス3号 後藤4号


阪神タイガースは、屈辱の3連敗(T_T)

ぶざまなゲームを2試合も続け、
昨日は、それなりにゲームには、なったものの
結局、最後は力負け・・・

空が段々厚い雲に覆われる中始まった、
オリックスとの第二ラウンドでしたが、
この日は、初回いきなり先頭バッター、マートンが
オリックス先発の木佐貫を捕らえ、
右中間の一番深いところへホームランを叩き込み、
阪神先発の鶴君に先制点をプレゼントしてくれましたわーい(嬉しい顔)


でも阪神先発の鶴君でしたが、初回から制球があまく、
球も高めに浮いて、危なっかしいピッチングでした。
キャッチャー城島も盛んに、低め、低めとジェスチャーで示していましたが、
コントロールがままならないといった感じでした・・・

それでも、マートンのくれた先取点を守って、3回までやってきましたが、
ついに、ここで捕まってしまいます・・・

連打で0アウト1.3塁のピンチを招くと、
続くバッターをピッチャーゴロに打ち取り、
ダブルプレーかと思ったら、3塁ランナーを挟殺プレー・・・
このランナーは、アウトにしましたが、
1.2塁にランナーを残し、続く荒金には死球(>_<)
再び、1アウト満塁とピンチが広がり、
続く後藤のボテボテのセカンドゴロの間に、同点とされてしまい
さらに、次のアンパンマン北川のときに、大暴投ふらふら
ついに逆転されてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

それでも阪神タイガースは、続く4回表に
アニキ金本選手のセンター前ヒットで出塁すると
金本選手は走る気満々!

でも・・・
気持ちが逸りすぎたのか、投球前に飛び出してしまい、アウト・・・

「あっちゃ〜」ふらふら

それでも続く城島が、四球を選び再び反撃開始exclamation
続くブラゼルが、センター前ヒットで繋ぎ、
桜井は低めのフォークボールを見極めて、四球。
そして次の葛城も、同じく四球を選んで、
押し出しで同点わーい(嬉しい顔)

なおも続く2アウト満塁のチャンスに先頭バッターホームランを放っている、マートンが打席に入り、スカイマークスタジアムに詰め掛けた
阪神ファンの期待は一気に高まりましたグッド(上向き矢印)
勿論、虎キチも期待しましたよ。

でも、結果は・・・
ショートゴロ・・・

「ここで1本出てたらな〜」

お互い、2点目は、自滅の得点でしたが、
ともかく同点です。

しかし、阪神先発の鶴君は相変わらず、制球があまく、
立ち直りの気配が見えません・・・

5回に荒金に真ん中高めのあまいストレートを完璧に捉えられ、
勝ち越しホームランを許してしまいます(>_<)

それでも、続く6回表には、
ブラゼル選手の目の覚めるような、豪快な特大アーチで、
再び同点として、鶴君を援護しましたが、
その裏、鶴君が元阪神タイガースの“ヒロシ”にやられてしまいました・・・

高めのクソボールかと思いましたが、
“ヒロシ”は、お構いなし・・・
高々と上がった打球は、そのままレフトスタンドにふらふら

「ヒロシ・・・何すんねん・・・」

打たれた鶴君は、苦笑いを浮かべていましたが、

「笑ってる場合か」パンチちっ(怒った顔)

鶴の恩返しは、何時なんや〜?

その後、リリーフした渡辺も、2イニングス目に後藤に打たれ、
追加点を許してしまい、
後は、岡田野球の真髄、抑えの方程式にしてやられましたもうやだ〜(悲しい顔)

やっぱり、リリーフの使い方は、岡田監督のほうが一枚上でしたな〜

パリーグ阪神対セリーグ阪神の戦いは、
セリーグ阪神の連敗とゆう事になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

2010 阪神熱戦の記録

なんちゅうゲームすんねんPart2c(`Д´c)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/21
   オリックス戦京セラドーム
    
阪 神 0 0 0 0 6 0 0 0 0 6 7 1
オリックス 2 3 3 0 0 0 2 0 X 10 12 1

勝 平野    3勝 0敗  0S
S 
負 フォッサム 2勝 1敗  0S
【本塁打】
阪神〕桜井5号 葛城1号
オリックス〕後藤3号


なんちゅうゲームすんねんちっ(怒った顔)

前回の福岡でのソフトバンク戦といい、
昨日のオリックスといい、
ほんま、ファンに対して失礼なゲームや(怒

野球の試合は、9回あるんやで。
それが3回終わった時点で、負け決定exclamation
みたいなゲーム見せられたら、
いくら阪神ファンでも、怒りまっしゃろc(`Д´#c)

そんな中で、救いやったんは、
5回の集中攻撃だけやったな〜

この回先頭バッターの新井がエラーで出塁すると、
それまで押さえ込まれていたオリックス先発の金子が、おかしくなったのか?
5番DHに入っている、アニキ金本選手が、復帰後初の長打となる
2ベースヒットをライト線に放って、ランナーは2,3塁。
そして、城島のタイムリー2ベースで、ようやく2点を返して、
反撃開始。

でも、まだこの時点では、京セラドームの阪神ファンは、どこかしらけた感じ・・・

そして、打席に向ったブラゼルに対して、せめて、スカッとするホームランを期待しましたが、
高めのつり球をフルスイングの三振・・・

でも、続く桜井がブラゼルの代りに、レフトスタンドに叩き込み、
この回4点目^^

ようやくちょっと盛り上がってきたところで、
続く葛城が、今シーズン初のホームランを今度はライトスタンドに叩き込み、
この葛城のホームランで、阪神ファンのボルテージは、一気に上がり、
京セラドームを揺るがす、大声援に変わりました^^

もうこうなれば、一気に押せ押せです!
ヽ(`Д´)ノいけ〜!!

打順は、1番に返って、マートン。
ここも、得意の流し打ちで、2ベースヒットexclamation
続く2番平野も、センター前に弾き返して、
2塁ランナー、マートンが・・・?
ホームインしてません???
1塁に立った平野も、(゜o゜)エッ!
とゆう感じでしたが、
ともかく、1,3塁でチャンスは広がり、
3番鳥谷に期待が集まりましたが、
ボテボテのセカンドゴロ(>_<)

併殺の間に、3塁ランナー、マートンが生還して、
1点は、追加しましたが、
本当なら、ここで一気に同点、逆転といってしまいたかったですね。

その後は、反撃もなし・・・

逆に、好調だった西村君が、
7回に打ち込まれて、決定的な2点を奪われて、
THE END・・・

集中攻撃は、見せたけど、

惨敗ですパンチ


高い給料もろてるんやさかい、
もうちょっと、

仕事せぇパンチ


はあ〜・・・
今年も、交流戦で、負け越して、
レギュラーシーズンに戻る頃には・・・

アカン!
いらん事考えたら!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。