2010 阪神熱戦の記録

阪神打線最後は爆発!!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/06/02
   楽天戦Kスタ宮城
 123456789101112
阪 神 0 0 2 0 0 0 0 0 5 7 12 1
楽 天 0 0 1 0 1 0 1 0 0 3 7 0
上園3勝  2敗  0S
川岸2勝  1敗  8S

【本塁打】
阪 神〕城島9号
楽 天

なんともじれったいゲームでしたね(´ε`;)

前半から、阪神タイガースが押しに押していたゲームでしたが、
後一本が出ず、楽天先発の永井を打ち崩せず、
一時は、逆転されて、そのままズルズルと・・・

阪神先発は、フォッサム。
楽天永井で始まった、ゲームでしたが、
先制したのは、阪神タイガースでした。

3回、先頭バッター城島が四球で出塁。
しかし、続く育郎、広大と倒れて2アウト・・・
打順は1番に返って、鳥谷。
ここは、四球を選んで出塁すると、
2番平野が、執念とも言えるセンター前ヒットで城島を還して、
まず先制^^

続く、マートンもセンター前に弾き返して、3塁ランナー鳥谷生還。
これで、2対0^^
阪神打線が、このまま永井を飲み込むかと思ったら、
その後は、チャンス!チャンス!!の連続でしたが、
最後の一本が出ず、0更新(>_<)

その間に、楽天に同点に追いつかれ、

迎えた7回、阪神タイガースは、突き放す絶好のチャンスを迎えました。

広大三振の後、鳥谷がセンター前ヒットで出塁すると、
平野との間で、ヒットエンドランを敢行して、見事成功わーい(嬉しい顔)

1アウト2,3塁のチャンスexclamation
続くマートンも歩いて、満塁として、
打席には、4番DH金本が入りました。

当然、阪神ファンのボルテージも上がりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

しかし、期待の金本は・・・

空振り三振ふらふら

5番新井もライトフライに打ち取られ、無得点・・・ふらふら

この無得点が響いて、続く7回裏に江草が打たれて、ついに逆転を許してしまいますふらふら
逆に追う立場となった阪神タイガースは、
ようやく9回になって反撃開始exclamation

この回先頭バッターの鳥谷が四球で出塁すると、
真弓監督は、鳥谷に代走大和を送り、
その大和が、平野の初球にいきなり盗塁exclamation×2
楽天キャッチャー嶋がセカンドに送球exclamation
大和はヘッドスライディングexclamation×2
判定は・・・

⊂=(^0^)=つセーフ!!

代走に出て初球で、盗塁を決めた大和!!
これで、阪神タイガースの選手達の中に眠っていた“虎魂”が目覚めた感じです。。。
そして、この盗塁を受けて、平野は、3塁線に絶妙のセフティーバント^^
平野もファーストへヘッドスライディングexclamation

こちらも⊂=(^0^)=つセーフ!!
これで、ノーアウト1,3塁と同点のチャンスは広がり、
バッターボックスにはマートン。
最低でも同点と思いましたが、
残念(´;ω;`)空振り三振(>_<)

それならば、4番金本です。
7回に、絶好のチャンスで登場して、空振り三振に倒れた屈辱を胸に打席に入った金本選手は、
執念ともいえるバッティングで、ライト前タイムリーわーい(嬉しい顔)

「よっしゃ〜」

これで、同点^^
なおも続く1アウト1,3塁から、5番新井は、
右中間に大きな大きな犠牲フライ^^
3塁ランナー平野が歩くようにホームに還って

逆転exclamation

続くブラゼルの当りは、ライトスタンド一直線exclamation

と思ったら、あたりが良すぎて、ドライブがかかり、
ライトフェンス直撃のシングルヒット・・・
ブラちゃん前にもありましたよね・・・
まあ、これもご愛嬌^^

そして最後は城島でしたね^^
気落ちした楽天の抑え川岸が投じた2球目。
あまく入った、カットボールを、この場面での城島が見逃すはずがありません^^

軽く振りぬいたバットから放たれた打球は、

文句なしexclamation×2

レフト中段に突き刺さるとどめの一発わーい(嬉しい顔)

そして、9回裏のマウンドには、4点差あるにも関わらず、
球児が登って、
まるで、楽しむかのように、余裕のピッチングで締めて、

ゲームセット!手(パー)

仙台の夜空に六甲颪が高らかに響き、
仙台の阪神ファンも大満足の夜となりましたね^^

それにしても、じれったいゲームでしたね(´ε`;)

甲子園球場では、もう少し早く反撃しましょうね。
選手のみなさん^^

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ人気Blog Ranking.bmp

2010 阪神熱戦の記録

阪神貧打線に衣替えc(`Д´c)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/06/01
   楽天戦Kスタ宮城
 123456789101112
阪 神 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 5 0
楽 天 0 0 0 0 0 2 0 0 1x 3 9 0

川岸2勝  0敗  8S
渡辺1勝  1敗  0S

【本塁打】
阪 神〕金本5号
楽 天〕中村紀6号

6月に入って、衣替えの話題を書いたと思ったら、

阪神タイガースは、貧打線に衣替えしてしまいました(´;ω;`)

このゲームは、勝ちたかったゲームだったのですが・・・

いや、勝たなきゃならないゲームだったのですが・・・


阪神先発は、前回そこそこの好投を見せたスタンリッジ。
楽天は、ラズナー両外国人投手で始まりましたが、

先制したのは阪神タイガース

2回、4番DHで先発出場してから、初めてとなる
ホームランをライトスタンドに金本選手が叩き込み、
阪神タイガースに先制点をもたらしてくれましたわーい(嬉しい顔)

これで、阪神打線のお目覚めかと思ったら
その後、楽天先発のラズナーを打ち崩す事が出来ず
ヒットすら打てない体たらく・・・

当然、得点のチャンスすらなく、
逆に、6回に楽天中村紀にライトスタンド最前列に運ばれて同点・・・
その後、ヒット、ワイルドピッチでランナー2塁とされて、
草野に、1,2塁間を破られて、逆転・・・もうやだ〜(悲しい顔)


こんな、1点ぐらいたいした事ないわいちっ(怒った顔)


と思っていたら、この1点が重い・・・

ようやく、代打関本のタイムリーで追いついたものの、
このタイムリーも、前進守備だったからヒットになったあたり、
会心の一撃とは、程遠い打球でした。

そして、最後は、先日日本ハム戦で、今期初勝利を飾った渡辺が、
楽天鉄平にさよならヒットを打たれて、

ゲームセット・・・

終わってみれば、
散発5安打・・・

去年までの阪神タイガースを見ているようでしたもうやだ〜(悲しい顔)

そんな、貧打への衣替えなんか

見とうないわいちっ(怒った顔)

2010 阪神熱戦の記録

阪神 札幌ドームで連勝!!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/30
   日本ハム戦札幌ドーム
 123456789101112
阪 神 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3 12 1
日ハム 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 7 1

勝 渡辺    1勝 0敗  0S
S 
負 建山    0勝 1敗  3S
【本塁打】
阪 神〕鳥谷6号
日ハム〕小谷野2号

阪神タイガースが延長戦を制して、札幌ドームで連勝!!

阪神タイガース先発は、好投しながら勝てない久保投手。
一方、ハムは、左の曲者武田勝で始まったこのゲームでしたが、

序盤は、両投手とも得点を与えず0−0。

得点が動いたのは4回。
阪神タイガースの攻撃だった。
先頭バッターマートンがサード小谷野のエラーで出塁すると、
4番DHでの出場を続ける、アニキ金本選手が、放った打球は、
低い弾道でライトスタンドへ・・・

「いったやろ」目

と思ったら
フェンス直撃のシングルヒットふらふら

それでも、1,3塁とチャンスを広げて
迎えるバッターは、5番新井。
期待がかかりましたが、
注文どおりの、ショート併殺打(>_<)

この間に3塁ランナーマートンが還って、
阪神タイガースが1点先行わーい(嬉しい顔)

このまさに虎の子の1点を、阪神先発の久保投手が守り抜くexclamation
本当に久保投手はよかったですね。

5回に、サード新井のエラーでランナーを許しても、
続くバッターをピッチャーゴロ併殺にしとめて、
キッチリ“0”を並べていきます。

でも、阪神打線もハム先発の武田勝を打ち崩せず、
ゲームは後半戦に・・・

そんな好投を続ける久保投手への援護点を与えたのは、
この日も、代打出場となった鳥谷でした。

緊迫した1対0の投手戦の中で、打席に向う鳥谷選手。
札幌ドームの阪神ファンからは、いつも通りの大声援。
札幌ドームの右半分が、沸き立ちます。

そして、武田勝が投じた3球目。
鳥谷のバットが唸りをあげて、そのボールに襲いかかり、
弾き返された打球は、広い札幌ドームのライトスタンドへと吸い込まれ、
待ち受けた阪神ファンは、大喜びわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

この鳥谷の代打ホームランによって、2−0として、阪神タイガースの勝利は、ほぼ確定わーい(嬉しい顔)

と思ったら・・・
そのすぐ裏、連続ヒットで1,2塁のピンチを迎えた久保投手。
しかしここは、併殺にとり、ピンチを脱したかにみえました。

がしかし・・・

山本モナ問題で、日本ハムにトレードされた、
モナ岡・・・
もとい、
二岡に、タイムリーを打たれて、再び1点差・・・

それでも、そのまま最終回を迎え、
阪神タイガースの勝利は、もはや確定わーい(嬉しい顔)
のはずでした・・・

当然、マウンドには球児の姿がありました。
阪神ファンも、日ハムファンも、

「ゲームは終わった」

と思ったはずです。

しかし、

まさか・・・

まさか・・・

球児が、小谷野にレフトスタンドに運ばれて、
同点・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ゲームはそのまま延長戦に突入してしまいました・・・

8回1失点の好投を続けた久保投手は、この日も勝ち星を掴むことは出来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

そんな、阪神タイガースは、10回から、渡辺投手を投入して、
日本ハムの攻撃を防ぎ、
そして、迎えた11回、阪神タイガースは、
ノーアウト満塁のチャンスを作り、
打席には、5番新井。。。

「新井!ここは、頼むぞ〜」

その新井は、低めの変化球に泳がされながらも、センターに犠牲フライを打ち上げ、
阪神タイガースが貴重な勝ち越し点を奪いましたわーい(嬉しい顔)

なおも、続くチャンスでしたが、
関本、城島が倒れて、追加点を奪うことは出来ませんでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

それでも、この1点を渡辺投手が守りきり、
息詰まる投手戦は、阪神タイガースの勝利で幕を閉じましたわーい(嬉しい顔)


それにしても、久保投手は可愛そうですね。
8回1失点でも勝てないんですから・・・

でも、この勝利は、阪神タイガースにとっては、
非常に大きな1勝となる事は、間違いありませんね^^

これで、阪神タイガースの4連勝の可能性がグッ!と上がりましたから^^

さあ、次は、仙台です。
米沢牛を喰らって、パワーアップして、
阪神打線の威力を仙台の阪神ファンに見せてあげてください。

2010 阪神熱戦の記録

鶴の恩返し第一幕開演(‐^▽^‐)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/29
   日本ハム戦札幌ドーム
 123456789101112
阪 神 0 0 0 2 0 1 1 0 0 4 11 0
日ハム 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 10 1

勝 鶴        1勝 1敗  0S
S 藤川球      2勝 0敗 12S
負 ダルビッシュ  4勝 4敗  0S
【本塁打】
阪 神
日ハム

阪神タイガースの鶴の恩返しの始まり始まり〜(‐^▽^‐)

ほんまによう凌いで、3連敗の危機を救ってくれましたな〜^^

はっきり言って、今日は日ハムの先発がダルビッシュとゆう事で、
半ば諦めムードでゲームを見守っていましたが、
なな何と、阪神タイガースが勝利してくれましたわーい(嬉しい顔)

阪神タイガース応援のみなさんのブログを拝見しても、
勝った喜びと、
勝った?
とゆう半信半疑のような記事が踊っていますね^^

それも無理の無いところだと思います。
前回の西武戦で、涌井に押さえ込まれて、阪神打線は1点しか取れなかったんですから、
今日のダルビッシュに対しても、そんなに得点は望めませんでしたからね・・・

実際、ゲームは、やっぱり阪神先発の鶴君が先に捕まって2点先制される、嫌〜なムードで序盤3回を終え、
札幌ドームも、静まり返るような展開でしたから・・・

それでも、今年のダルビッシュは、例年とは違い、
そんなにビックリするようなピッチングじゃなかったような^^
これは、阪神タイガースが勝ってくれたから言える事かもしれませんが^^

そんな嫌〜なムードを振り払ってくれたのは、
連続フルイニング出場、1492試合ストップ以来、
初めて4番に戻ってきてくれた、我らがアニキ金本選手の一振りでした^^
ダルビッシュの投じた、外角高めのストレートを見事に左中間に弾き返す

2ベースヒットexclamation×2

このアニキ金本選手の一振りが、眠っていた阪神打線の目を覚ましてくれたようでした^^

続く5番に下がった新井もサードへの内野安打で繋ぎ、
6番ブラゼルの打球は、高いバウンドのファーストゴロ・・・

「あかん(>_<)ダブルプレーや・・・」

と思ったら、ファーストからセカンドへの送球が、ランナー新井のヘルメットを直撃exclamation
ラッキーな形で、1点返し、なおも1,3塁のチャンスexclamation
続く城島の打球はバットをへし折られてのサードゴロ・・・
この打球で3塁ランナー新井がホーム突入・・・
タイミングは完全にアウトふらふら

でも審判のコールは

⊂=(^0^)=つセーフ!!

新井のブロックとタッチをかいくぐった、スライディングで同点わーい(嬉しい顔)

「ようやった新井exclamation

その後、坂のセカンド強襲ヒットでブラゼルが本塁突入を試みますが
これは、無謀(>_<)
本塁はるか前でタッチアウト・・・

そして、ついに阪神タイガースが勝ち越すときがやってきました^^
6回、この回先頭バッターは、5番に降格して、気が楽になったのか
2安打とダルビッシュを打っている、新井からでした。
ダルビッシュのフォークを弾き返しレフト前ヒットで出塁。
続くブラゼルは、技ありのバッティングながら、レフトフライ・・・

「ええ当りやったのにな〜」

それでも続く城島の打席で、1塁ランナー新井がセカンド盗塁exclamation×2

⊂=(^0^)=つセーフ!!

今日の新井は、バットも絶好調^^足も絶好調でした^^
そして城島は、レフトへヒットで繋ぎ、ランナー1,3塁。
このチャンスに、真弓監督が動きました。

「代打鳥谷」

札幌ドームの阪神ファンの声援も最高潮グッド(上向き矢印)
その鳥谷は、ダルビッシュのシュートを執念で、1,2塁間に弾き返す
タイムリーヒットexclamation
ついに、阪神タイガースが、このゲーム初めて先行しましたわーい(嬉しい顔)

「鳥谷!ええぞ!!」黒ハート

そして、阪神先発の鶴君は、6回を投げきり、勝ち投手の権利を持って
マウンドを降りました。

続く7回にも、1アウトフルベースのチャンスを作り、
5番新井がライトへ犠牲フライを打ち上げて、1点追加わーい(嬉しい顔)

そして、7回裏のマウンドには、西村君が上がりましたが、
いきなり連打され、ノーアウト1,2塁のピンチを背負いましたが、
落ち着いて森本稀哲をサードゴロに打ちとって、
サード新井が自ら3塁ベースを踏み、セカンドに送球、2アウト。
セカンドからファーストに送球され、
トリプルプレー成立かと思いましたが、ショートバウンドがブラゼルのグラブに収まらず、残念1塁にランナーが残ってしまいました。
でも、続く稲葉を落ち着いてショートゴロに仕留め、0^^

そして、8回からは、我らが守護神藤川球児を投入し、
鶴の初勝利をもぎ取りにいきました。

その球児も気合十分。
2回0封で

ゲームセット手(パー)

鶴の恩返しの第一幕がついに開幕しましたわーい(嬉しい顔)

「おめでとう鶴!!」

ナイスピッチングやった^^

さあ、ダルビッシュに打ち勝ったのですから、
札幌ドーム2連勝といきたいですね^^

明日もたのんまっせ!!

2010 阪神熱戦の記録

桜井バンザイ・・・もう情けない(*_*;

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/27
   埼玉西武戦甲子園球場
 123456789101112
西 武 2 0 0 1 0 0 0 0 3 6 9 0
阪 神 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 2

勝 涌井      6勝 3敗  0S

負 フォッサム  2勝 2敗  0S
【本塁打】
阪 神〕ブラゼル16号
西 武

ゲームは、予想通り、涌井にひねられて、完敗もうやだ〜(悲しい顔)

阪神先発フォッサムは、初回に2点を奪われて、
早くも敗色濃厚・・・

それでも、2回にブラゼルの16号が飛び出して、
少しは、ゲームらしくなりましたが、
その後は、チャンスを作っても、
4番新井は、4タコふらふら
6番城島はゲームが決まった最終回にやっとヒット┓( ̄_ ̄;)┏
7番葛城も、チャンスで打てず・・・
8番桜井は、当然4タコパンチ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

情けないもうやだ〜(悲しい顔)

今日のゲームは、最初から分かっていたことやから、
負けたことには、そんなに悔いは、おまへんけど
守備面では、腹が立ってしょうおまへんちっ(怒った顔)

もう、ライト桜井の守備には、ウンザリだす。
何とか、1−3でゲームを作って、
上園がマウンドに上がって、2者連続三振に斬って取り、
3人目もライトフライで三者凡退と思たら・・・

桜井は、勝っていないのに、

∩( (゜o゜))∩バンザ〜イ!

甲子園中が、唖然exclamation呆然exclamationがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

このときは、上園が涌井を三振に打ちとって、無得点でしたけど、
本拠地、甲子園球場で、ホームの阪神タイガースの選手が、

バンザイしてどうすんねんちっ(怒った顔)

風があったなんて、言い訳にもならへんゾexclamation×2


この桜井の下手ぶりは、こんだけや、あらへんで。

4回の1失点かて、
桜井の緩慢なプレーから始まって、最後はスクイズでの失点ふらふら

西武高山の右中間のヒットで、セカンドまで走られてしもた、
ドンくさい返球・・・
2軍の選手が守ってても、あんなもん走られへんゾパンチ

フェンスにぶつかって、フライを捕っても、
そんなもん当たり前やc(`Д´c)

毎日毎日、ドンくさい、ライトの守備ばっかり見せられたら、
エエ加減腹立つでパンチ

そら、ホームランでも、この時期に、20本ぐらい打って、
打点が50も60もあるんやったら、
しゃぁないか、と思えるけど、

たまにホームラン打っても、負けゲームで、しかも、ゲームがほとんど終わってからでは、話にならんパンチ

山脇コーチも頭が痛いやろな・・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。