2010 阪神熱戦の記録

阪神 久保田の乱

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/04/17
   横浜戦(横浜スタジアム
    
阪 神 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 9 1
横 浜 0 2 0 0 0 2 0 3 X 7 13 0

勝 清水 2勝 1敗 0S
S 山口 0勝 3敗 4S
負 上園 1勝 1敗 0S
【本塁打】
阪神〕新井 3号 鳥谷2号
ヤクルト〕スレッジ5、6号 村田4号 カスティーヨ4号

今日も後半でぶち壊しでした(>_<)

一日雨で流れ、仕切りなおしの一戦となった横浜ベイスターズとの一戦でしたが、
阪神先発上園が、先制点を取られる苦しい展開。

それでも、新井の一発で、1点差として、6回まできましたが、
ここで上園が再び捕まり、
村田にホームラン、吉村にタイムリーを浴びて、3点差とされ、
阪神の劣勢は続きます。

しかし、8回鳥谷の2ランで再び反撃開始(;`O´)o

と思ったら・・・

8回裏から登場した久保田が、いとも簡単に
スレッジ、カスティーヨに連続ホームランされ、
ゲームは、ぶち壊しふらふら

その後出てきたメッセンジャーも1点を取られ、
阪神タイガースの反撃ムードは、完全に消えうせてしまいました・・・

両軍合わせて、6本のホームランが乱れ飛ぶ乱打戦に勝利する事が出来なかった阪神タイガース・・・

打撃陣にも投手陣にも課題の残るゲームとなってしまいました・・・

関東遠征、勝って、来週に繋げてください。

2010 阪神熱戦の記録

ビックリ!フォッサム!!

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/04/15
   読売戦東京ドーム
    
阪 神 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 7 1
読 売 0 0 0 0 0 0 4 1 X 5 7 2

勝 内海 4勝 0敗 0S
S 越智 1勝 0敗 2S
負 筒井 0勝 2敗 0S
【本塁打】
阪神〕 マートン4号
読売〕坂本4号 ラミレス 7号


フォッサム投手の好投にビックリです。

オープン戦の状態を考えると、今日のようなピッチングが出来るとは、
思いもよりませんでした。

乱打戦になりやすい、東京ドームでのジャイ戦で、
6回無失点とは、本当にビックリです。

この日も、阪神タイガースが先頭バッター、優良外国人マートン選手
先頭バッターホームランで幸先良く1点を先行し、
「今日もいけるかな^^」
とゆう期待を持たせてくれましたが、
その後、阪神打線は、沈黙を続け、追加点が奪えず、
回は、後半へと進み、7回好投を続けるフォッサム投手に打順が回ると
真弓監督は、代打を告げた。
虎キチの頭の中では???でした。

今年は、リリーフ陣の江草、渡辺などが今一ですから、
7回まで、引っ張って、8回久保田、9回藤川球児
必勝パターンに持ち込むべきだったのではないでしょうか。

投球数も、80球に達していない状況でしたから、
そのほうが、ベストだったのではないでしょうか?
これは、あくまで結果論ですが・・・

結局、この継投が裏目と出て、メッセンジャー投手が坂本に満塁ホームランを打たれて、敗色濃厚に・・・

それでも、8回表に1点返して、まだいけると思った直後、
リリーフの小嶋投手がラミレスに手痛い一発をくらって、
THE END・・・

阪神タイガース最終回の攻撃も実らず、
ジャイ戦3連勝と首位は、おあずけとなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

でも、この東京ドームでの3連戦を2勝1敗と勝ち越して、
ジャイとの対戦成績も5分となって、これからの戦いが楽しみになりました^^

さあ、明日からは横浜スタジアムで開幕戦の相手横浜ベイスターズとの対戦です。

気持ちを入れ替えて、明日からの戦いに備えていきましょう。

2010 阪神熱戦の記録

阪神痺れて4連勝^^

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/04/114
   読売戦(東京ドーム
    
阪 神 1 0 0 0 0 0 0 2 0 3 9 1
読 売 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 7 0

勝 久保  2勝 1敗 0S
S 藤川球 0勝 0敗 5S
負 山口  1勝 1敗 0S
【本塁打】
阪神〕関本1号
読売〕イ・1号


2夜連続で痺れましたね〜^^

昨日は、乱打戦で大逆転で、痺れましたが、
一転して今日は、見応えのある投手戦で痺れました。

どちらも、プロ野球の醍醐味ですが、
勝つと負けるでは、その感じ方もまったく違ってしまいます。

阪神タイガースは、連日の勝利で、
先の、甲子園球場のお返しをキッチリ果たしてくれました^^

それにしても、久保投手のピッチングは、よかったですね〜

初回に、関本選手の今シーズン1号ホームランで、リードしましたが、
その差は、最小の1点。
この状況で、ジャイ打線を抑え込んで迎えた5回でしたが、
ラミレスに引っ掛けられて、レフト前ヒット。
阿部にも続かれて、1,2塁から長野に送りバントを決められて、
1アウト2,3塁で亀井にレフトに運ばれて、それをキャッチした金本選手は、バックホームすることが出来ず、同点とされてしまいました。

「う〜ん・・・アニキの肩が・・・」

この1点は仕方ありませんが、
その後の、反撃は許さず、同点で迎えた8回。
1アウト満塁のチャンスを作り、
打席に向うのは、今日3三振と奮わない、ブラゼル選手
ここも、2−2と追い込まれて、ジャイバッテリーは、前の3打席と同じように、外角いっぱいに、スライダーを投げ込んできましたが、
この打席のブラゼル選手は、違いました。
それまでの打席では、2ストライク後、気持ち、バットを短く持っていましたが、
この打席では、外角球を意識して、あえて、バットを短く持たず、
目いっぱいに持ち、外角球を見事バットの先で捕らえ、
セカンドの頭の上を抜ける、2点タイムリーヒットに繋げてくれました。

このブラゼル選手の活躍で、阪神タイガースは、勝ち越しに成功^^

こうなれば、8回からは、当然の如く、久保田投手を投入。
しかし、久保田投手は、李にレフトスタンドに運ばれて、1点差・・・
その後、2アウトランナー1塁で小笠原を迎え、一打逆転のピンチを招きましたが、
ここは、小笠原を三振に打ちとって、1点差のまま9回へ。

この1点差の痺れる場面で、登場するのは、
云わずと知れた我らが守護神!
鉄壁のストッパー 藤川球児!!

今日も、完璧な仕事に狂いはありません。。。

キッチリ3人で打ちとって、

ゲームセットexclamation×2

これで、阪神タイガースは4連勝わーい(嬉しい顔)
貯金2として、首位に0.5ゲーム差^^

今日も勝って、ジャイを引きずりおろしましょう^^


2010 阪神熱戦の記録

阪神 大逆転(´▽`)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/04/13
   読売戦(東京ドーム
    
阪 神 0 0 0 0 0 5 0 4 0 9 11 1
読 売 2 1 3 0 0 0 1 0 0 7 12 0

勝 久保田 1勝 1敗 0S
S 藤川球 0勝 0敗 4S
負 豊田  0勝 1敗 0S
【本塁打】
阪神〕鳥谷1号 新井2号 ブラゼル6号 桜井3号 マートン3号
ヤクルト〕小笠原6号 亀井1号


凄いexclamation
凄いexclamation
凄すぎるexclamation×2

絶対、負けたと思いました。

それが、終わってみればわーい(嬉しい顔)

大逆転勝利exclamation×2ですから、
阪神タイガースファンは、やめられまへんな〜^m^

この日の先発は、ジャイキラー能見投手でしたが、
ジャイキラーの面影は、影を潜め、
大乱調・・・
と言うのか、研究されたとと言うのか、
いずれにしても、滅多打ちの状態で、
前半3回を終わった時点で、0対6・・・

普通のゲームなら、この時点で、負けですわな〜

そやけど、今年の阪神タイガースは、ちゃいまっせ^^

ゼロ更新を続けた6回に、阪神打線が目覚めました^^
この回先頭バッター関本選手がセンター前ヒットで出塁すると、
続く鳥谷選手がお待たせの今シーズン1号2ランで、反撃の口火を切れば、
5番新井選手も、阪神ファンで溢れかえった、レフトスタンドへ
ソロホ〜ムラ〜ン^^
そして、6番城島選手が四球で繋ぎ、
続く7番頼れる助っ人、ブラゼル選手が豪快に、右中間スタンドへ放り込み、
この回一挙5得点わーい(嬉しい顔)

楽勝ムードで、気の緩んだ、ジャイファンや、ジャイベンチも、
唖然とするような、阪神打線の攻撃わーい(嬉しい顔)

もうこうなれば、阪神打線は、止められないexclamation

ジャイに1点を追加され、再び2点差とされた、8回。
再び阪神打線が、ジャイの弱小投手陣に襲いかかります。

先頭バッター新井選手が四球で出塁。
続く城島選手は、ライトフライに倒れますが、
7番ブラゼル選手は、ライトに弾き返して、1アウト1,2塁とチャンスを広げ、
続くバッターは、不振に喘ぐ、桜井広大

この時点で打率.200と開幕当初の好調が嘘のような、不振に陥っていましたが、
この男も、やるときゃ、やります。

ジャイの老トル、セットアッパー豊田のションベンスライダーが真ん中に入ってきたのを見逃さず、広大のバットが唸りをあげるexclamation

「よっしゃexclamation

もう、打った瞬間それとわかる、
会心のあたりexclamation×2
レフトスタンド阪神ファンは、大騒ぎexclamation×2
(^0^)(´▽`)(‐^▽^‐)
序盤の6点差をひっくり返す、
値千金の逆転

3ランホ〜ムラ〜〜〜ンexclamation×2

ダイヤモンドを一周した広大は、ベンチ前でブラゼル選手に抱きかかえられ、
満面の笑顔わーい(嬉しい顔)

一方、ジャイベンチは真っ青がく〜(落胆した顔)
ジャイファンは、声もなしわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そんな、ジャイに更なる追い討ちをかけたのが、
開幕から好調キープのマートン選手^^
こちらは、逆方向、ライトスタンドへ叩き込む、
3号ホ〜ムラ〜ンわーい(嬉しい顔)

覇気のなくなったジャイファンに更なる追い討ちとなりましたわーい(嬉しい顔)

こうなれば、阪神タイガースの勝は、間違いなし。。。
久保田投手がランナー一人を許すと、
阪神ベンチは、躊躇なく、マウンドに
我らが守護神 藤川球児を送り出し、
完全に必勝態勢exclamation

乱打戦に、決着の時がやってきました^^

歴史に残る、大逆転劇の幕は、球児が引いて、

ゲームセットexclamation×2

これで、藤川球児にセーブが付いて、
今シーズン4セーブ。

これは、山本和之さんが持っていた、阪神タイガース球団記録を抜く
131セーブとなりましたわーい(嬉しい顔)

いや〜、凄いものを見せていただきました。

虎キチの、願いどおり、東京ドームにアーチの虹を見せていただいて
本当にありがとうございましたm(_ _)m

この調子で、今後もお願いします。

2010 阪神熱戦の記録

上昇阪神打線(‐^▽^‐)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/04/11
   ヤクルト戦甲子園球場
    
ヤクルト 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3 10 2
阪 神 2 0 0 3 0 0 2 0 X 7 10 1

勝 下柳 1勝 1敗 0S
S  
負 村中 1勝 2敗 0S
【本塁打】
阪神〕金本3号 ブラゼル5号
ヤクルト


いよいよ阪神打線が上昇してきました(‐^▽^‐)

この日阪神タイガースの先発は、下柳投手
ある程度の打ち合いは、覚悟しなくてはならない試合でした。
一方、相手ヤクルトは、若い村中ですから、調子に乗せてしまっては、
如何に、阪神打線といえども、手こずる可能性がありますから、
初回に飛び出した、アニキのビデオ判定ホームランは、効果的でした。

甲子園球場初のビデオ判定は、
阪神ファンの目から見れば、

「そんな事せんでも、ホームランやがな」┓( ̄∇ ̄;)┏

とゆう感じでしたが、2塁塁上で止っていた、金本選手も、

「早く、ビデオ見てくれと思っていた」

とゆうように、アニキ自身もホームランを確信していたのです。
結局、ホームランが認められ、金本選手は再び走り出し、ホームイン^^

ヤクルトの出鼻を挫く一発は、効果的でした^^

しかし、そのリードも束の間・・・
先発下柳投手が、捕まり、すぐさま同点にされ、
さらに、4回には、勝ち越し点を与えて、逆転されてしまいます・・・

でも、目覚めた阪神打線には、
1点のビハインドなど、何の問題もありませんでした^^

逆転された、すぐ裏の攻撃で、
5番新井、6番城島と連続ヒットでチャンスを作ると、
打席に登場は、恐怖の7番バッターブラゼル選手exclamation

「ブラゼル!一発頼むで〜!!」

この阪神ファン虎キチ)の願いがブラゼルに届き^^
ブラゼルのバットから放たれた打球は、
ヤクルトのライトも呆れるほどの、凄い打球で、
満員に詰め掛けた、阪神ファンの待つライトスタンドに突き刺さったexclamation×2

当然、甲子園球場は大歓声に包まれ、その中を、ブラゼル選手は、
悠々と、ダイヤモンドを一周^^

迎える阪神タイガースの選手達も、満面の笑顔わーい(嬉しい顔)
これで、逆転された、ショックもなくなり、阪神打線は、完全復活exclamation

先発下ちゃんは、5回を投げきり、毎回のようにランナーを出しながらも、
3失点で凌ぎ、勝ち投手の権利を持って、マウンドを降りました。

その、下ちゃんからマウンドを託された、西村投手がよかったですね〜わーい(嬉しい顔)
6回、7回をピシャリ!!
完璧なリリーフでした^^
先発で見てみたいと思わせるピッチングでした。
昨日、投げた上園君と同じような働きをしてくれるんじゃないでしょうかね^^

こうして、西村投手が抑えていると、
7回裏、阪神タイガースに思わぬチャンスがめぐってきました。
この回は、8番不振の桜井からの攻撃でしたが、
その桜井は、あえなくピッチャーゴロ(ボテボテふらふら
続く、ピッチャー西村には、代打。

甲子園球場に響き渡るそのコールは、

「9番西村に代わりまして、桧山!」

このコールに甲子園球場は大歓声!!!
その大歓声に迎えられた桧山選手でしたが、
いい当たりながら、ピッチャー正面ふらふら
これで2アウト。

しかしここから、ヤクルトがチャンスをくれました^^

打順は1番に返って、この日2安打と好調のマートン。
打球は、なんでもない1塁ゴロ。
「終わったな」
と思ったら、何と!デントナがトンネル^^
そして続く2番平野は、振り逃げで、キャッチャー衣川が悪送球^^
続く鳥谷は四球でノーヒットで満塁の大チャンスをいただき、

ここで、復活した頼れる4番アニキ金本登場!
ヤクルトの増渕に逃げ場はありません。
こうなれば、蛇に睨まれた蛙です^^
アニキのバットは、そんな増渕の初球を捕らえ、
見事に1,2塁間を抜ける2点タイムリーわーい(嬉しい顔)
これで完全に勝負あった!

後は、久保田藤川球児と繋いで、
阪神タイガース連勝で、借金完済わーい(嬉しい顔)

気持ちよく、遠征に出られます^^
本当にお酒のおいしい夜でしたわーい(嬉しい顔)ビール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。