2008 阪神熱戦の記録 

第一次岡田阪神終焉・・・

2008/10/20  ドラゴンズ戦(京セラドーム)
       CSファーストステージ第3戦
中日000 000 002  2 H4 E3 
阪神タイガース000 000 000  0 H4 E2 
◇ 吉見    
S 岩瀬   
◆ 藤川  岩田(S)  
 
【本塁打】
  〔阪神
  〔中日〕ウッズ2号2ラン


一日でも長く!

この阪神ファンの思いも空しく、
第一次岡田阪神の終焉の時がやってきてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)


第2戦を勝ち取った岡田阪神

CS1st最終戦となる第3戦が行われました。
阪神先発は、成長著しい左腕岩田君でした。

初回いきなり、イ・ビョングにデッドボールを与え、
荒木に送られて1アウト2塁のピンチ。
しかしここから、
連日ホームランを放っている森野を内角へのシュートで空振り三振。
そして、4番ウッズも外角のシュートで空振り三振。

見事に初回のピンチを切り抜けてくれました^^

その裏、阪神タイガースも、
先頭バッター赤星がレフト前ヒットで出塁し、
2番関本の初球!
いきなり2塁盗塁!!

楽々⊂ー(^∀^)ーつセーフ!!

大事な試合の大事な場面で盗塁を決める!
赤星らしい盗塁でした^^

そして関本が1−1から送りバントを試みますが、
失敗(>_<)・・・ファール・・・

「硬いな〜関本・・・」

それでも、2−1からのやや内角寄りのフォークボールを
技ありのセカンドゴロで、
2塁ランナー赤星を3塁に進めます^^

「やっぱり虎の職人や!」

これで1アウト3塁と絶好の先制のチャンスexclamation
さあ!阪神タイガースのクリーンアップの登場や!!
中日は当然前進守備!
3番新井!
2球目の外角低めのスライダーを引っ掛けて、
前進守備のショート井端の真正面(>_<)
これでは、いかに赤星でも帰れませんふらふら
2アウトとなって、バッターは
我らがアニキ金本!!

しかし、アニキもあえなくショートフライに打ち取られ、
無得点もうやだ〜(悲しい顔)

結果的に、この攻撃が最後までひびきました・・・

阪神先発の岩田君は、
今期一番のピッチングを披露してくれました^^
中日打線は、このすばらしい岩田君のピッチングに
手も足も出ませんexclamation

しかし・・・
阪神打線は、この岩田君に報いる事が出来ません(>_<)
中日の吉見の前に、こちらもチャンスらしいチャンスも作れず、
若い両投手の投げ合いが続きます。

「息、詰りそうやな・・・」

両チーム打順も同じような流れで、回だけが進んでゆく展開。

そんな展開で先に動いたのは、
岡田監督でした。
8回裏、1アウト後打順が岩田君にまわると
岡田監督が出て、主審に告げたのは、
阪神タイガース今期代打の神様!桧山進次郎!!
しかし期待の桧山もあえなく三振ふらふら
その後赤星がライト線へ2ベースを放ちますが、
2番関本が凡退で無得点・・・

結局、先発の岩田君は
8回を投げきり
球数  101
被安打   1
与四死球  2
三振    6
のすばらしい内容でした。
今期最高
と言ってもいいでしょう。

そして最後のドラマがやってきてしまいました・・・
最終回、阪神のマウンドには、
今期を支えた

虎の守護神藤川球児!

中日は代打立浪。
球児はセンター前に運ばれて、ノーアウトでランナーを出す・・・
そして2アウトランナー2塁の場面で、迎えるバッターは、
タイロン・ウッズ。
オールストレート勝負の6球目・・・
藤川球児が投じた150キロのストレート!!

「あっ!!がく〜(落胆した顔)

ウッズがフルスイング!

「あか〜んバッド(下向き矢印)・・・」

ガックリ・・・
打たれた球児も振り返るが
ボールは、レフト2階席へ・・・

耐えに耐えてきたこのゲームでしたが、
ここで均衡が破れましたもうやだ〜(悲しい顔)

阪神の最終回の攻撃は3:4:5番でしたが、
最後は前日のヒーロー鳥谷が、高めのボールに空振り三振・・・

岡田阪神の戦いが終わった瞬間でした・・・

しかし、最後まで岡田監督の作り上げたチームで、
最高の投手、藤川球児を出して負けたのですから、
岡田監督に悔いはないでしょう。

そして、岩田君が魅せた気迫と最高のピッチングを見て、
これからの阪神タイガースに対して安心なさったと思います。

ゲーム後、マウンド上に集まったナインに胴上げされる
岡田監督は、万感の思いだったのではないでしょうか。

第一次岡田政権は、終焉しました。

しかし私は、
あえて、第一次と付させていただきました。

またいつか、阪神タイガースのベンチに戻ってこられると信じて・・・

5年間
お疲れ様でした・・・m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ >>人気ブログランキング

2008 阪神熱戦の記録 

阪神PS連敗止まる\(^o^)/!

2008/10/19  ドラゴンズ戦(京セラドーム)
       CSファーストステージ第2戦
中日010 001 010  3 H10 E0 
阪神タイガース400 003 00X  7 H11 E0 
◇ 下柳  アッチソン:ウィリアムス:久保田:藤川  
S    
◆ チェン 清水昭:中田:齊藤:長峰  
 
【本塁打】
  〔阪神〕鳥谷1号3ラン:2号ソロ
  〔中日〕森野2号ソロ ウッズ1号ソロ


やりました〜わーい(嬉しい顔)

阪神タイガースがPSの連敗をついに止めましたわーい(嬉しい顔)
∩( ^O^)∩バンザ〜イ!バンザ〜イ!

日本シリーズ、クライマックスシリーズと、
連敗を続けていましたが、
ついに勝利の時がやってきました^^

昨日CSの大事な初戦を落として迎えた第2戦。
阪神の先発マウンドには、予想通りか?
ローテーション通りか?
アラフォー投手下ちゃんでした。
一方中日も、予想通りチェンが登ってきました。

レギュラーシーズン最終戦でも対戦していますが、
そのときの球のきれを考えると・・・

しか〜〜〜し^^
この日の阪神打線は違いました^^
先頭バッター赤星は、粘りましたが、
結果は三振ふらふら
しかしここから、阪神タイガース怒涛の攻撃が始まりま〜するんるん

2番阪神の職人さん、関本賢太郎がまず、レフト前ヒットで出塁すると、
続く3番新井は、サードへの内野安打exclamation
そして、頼れる4番はアニキ金本!
チェンの投じた2球目の外角低めのストレートを弾き返した打球は
まさに、
火の出るようなライナーで、
あっ!
と言う間にセンターへexclamation
あまりにもあたりが良すぎて、
セカンドランナー関本が3塁ストップかexclamation&question
と思われるほどでしたが、
そんなことはありません^^
キッチリ生還して、まず1点先制^^

そして、続く5番鳥谷が、大きな大きな花火を打ち上げてくれましたわーい(嬉しい顔)
カウント0−1からの2球目。
真ん中に入ってきたストレートを何のためらいもなく、振り抜いた打球は、
ライトスタンド一直線exclamation×2
阪神ファンで埋め尽くされたスタンドへわーい(嬉しい顔)
こちらも打った瞬間にそれと分かる打球でした^^
これでさらに3点追加るんるん

初回から強烈な先制パンチを見舞いました^^
「久しぶりやな〜」

阪神先発の下ちゃんは、初回中日打線を三者凡退に切って取り、
この攻撃を導き寄せていました。
しかし・・・
2回表。
先制点をもらった下ちゃんでしたが、
球が高めに浮くところを、4番ウッズに叩かれ、
打球はライト後方へ・・・
これを、この日先発出場の浅井が、フェンスに着きながら、
ジャンピングキャッチexclamation
ファインプレーで先発下柳を盛り立てるexclamation
まさにチーム一丸!!

しかし、その後四球、ヒットで1アウト1,3塁のピンチを招き、
7番井端に、高いバウンドで3塁の頭の上を抜けるタイムリーを打たれ、1点返されてしまう(>_<)
尚も1,2塁のピンチでしたが、
谷繁を注文どおり、5,4,3のダブルプレーに打ち取って、
中日の追撃をかわした(ホッ

その後、両投手が立ち直り、0行進。
迎えた6回。
下柳が、森野にホームランを打たれ、2点差に・・・
「嫌な雰囲気・・・」
続くウッズを打ち取ったところで、阪神ベンチは、
下柳からアッチソンにスイッチ!
そのアッチソンは、和田にライト前ヒットを許したが、
後続を打ち取り、無得点^^

そしてその裏阪神タイガースの攻撃は、
初回に3ランを放っている鳥谷から。
中日のピッチャーは、3番手中田に代わっています。
鳥谷は、中田の内角寄りのストレートを弾き返し、
この日2本目の

ホ〜ムラ〜ン!!

打たれた中田も呆然・・・

1点返されて、嫌なムードになりかけたところを、
一振りで、流れを引き寄せたわーい(嬉しい顔)
その後、中田のワイルドピッチなどで2点を加え、
阪神タイガースが7対2とリード^^
これでこのゲームはいただきグッド(上向き矢印)

そして阪神お得意の継投策^^
ウィリアムス⇒久保田⇒藤川と繋ぎ、
逃げ切りました。
久保田が、ウッズに一発をくらいましたが、
お愛嬌と言う事で^^

お見事阪神タイガースが勝利して、
PSの連敗をストップするとともに、
第2ステージ進出に向けて、逆王手を掛けました。

∩( ^0^)∩
ばんざ〜い!バンザ〜イ!


さあ、あと一つ!!

頑張ってもらいましょう\(^o^)/

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ>>人気ブログランキング>>勝利の六甲おろし

2008 阪神熱戦の記録 

PS勝てない阪神・・・(´;ω;`)

2008/10/18  ドラゴンズ戦(京セラドーム)
       CSファーストステージ第1戦
中日100 001 000  2 H5 E0 
阪神タイガース000 000 000  0 H6 E0 
◇ 川上  浅尾  
S 岩瀬   
◆ 安藤  アッチソン:ウィリアムス:藤川  
 
【本塁打】
  〔阪神
  〔中日〕


残念!

PS勝てない阪神タイガース・・・(´;ω;`)

今年も始まりました、
クライマックスシリーズですが・・・

阪神タイガースは、初戦を落としてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

これで岡田監督PS7連敗・・・

ちょっと寂しいけど、
どこか冷めた目で見ている自分がいます。


阪神先発は13勝をあげた安藤。
一方中日は、予想通り川上憲伸の先発で始まりました。

初回、阪神先発の安藤は、
先頭バッター李炳圭に初球ど真ん中のストレートをセンター前に弾き返され、いきなりランナー1塁・・・
その後2アウト3塁としましたが、
4番ウッズにレフト前にタイムリーを打たれ、
あっさり1点献上・・・

一方中日先発の川上憲伸は、シーズン中とは別人のような
すばらしいピッチング・・・。
阪神打線は、チャンスすら作れない(>_<)

その後阪神先発の安藤も、立ち直り、
ランナーを許しながらも、得点を与えないいつものピッチングを披露してくれましたが、
5回。
1アウト後8番平野がラッキーなレフト線2ベースで出塁すると、
9番安藤に代打桧山を送って、勝負に出ますが、
桧山が自信を持って見送った外角低めのボールの
判定は、ストライクがく〜(落胆した顔)
その判定を聞いた桧山の表情が、悔しさを物語ったいた。
その後赤星も倒れこの回も無得点。

6回のマウンドには、アッチソン。
しかし、森野にライトスタンドへ運ばれて、
阪神にとって重い重〜〜〜い1点が追加されてしまった(>_<)

その後も阪神打線は、中日投手陣を攻略する事が出来ず、
結局完封負けもうやだ〜(悲しい顔)

超短期決戦でのこの一敗はひじょうに大きな意味を持っている。

まさに崖っぷち!
この劣勢を阪神タイガースはどう乗り切るのか?

第2戦の先発予想は、
阪神が下柳。
中日はチェンと予想される。

後半調子を上げているチェンを相手にいかに阪神打線が攻略するか?
また、先発予想の下柳が、先取点を与えず、
何処まで踏ん張れるかが、鍵となりそうです。

また、阪神タイガースにとって、
主催ゲームとはいえ、
本拠地甲子園球場を使えないのも、
マイナス材料です。

それでも、頑張ってほしい!

1日でも阪神タイガースの勇姿を見たいから・・・

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ >>人気ブログランキング

【追記】

最近、まったく関係ない、
アダルト系のトラックバックが頻発していますので、
トラックバック表示を承認後とさせていただきます。
阪神ファンのみなさんのトラックバック表示が
遅れる事がありますことを
お詫びいたしますm(_ _)m

みなさんのところでは、ありませんか?

迷惑なんだよちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

2008 阪神熱戦の記録 

阪神岡田監督固い決意!!

08/10/12  ドラゴンズ戦(スカイマークスタジアム)
    阪神24回戦
中日000 100 000  1 H6 E0 
阪神タイガース000 003 01X  4 H6 E0 
◇ 岩田   10勝10敗 アッチソン:ウィリアムス
S 藤川   8勝1敗38S
◆ 山本昌  11勝7敗  チェン(S):川上:斉藤:吉見:浅尾:高橋 
 
【本塁打】
  〔阪神
  〔中日〕


今シーズン激戦を戦ってきた阪神タイガース。
今期最終戦が行われたこの日。
阪神タイガース岡田監督の辞任が決定しました。

ゲーム前に行われた阪神タイガース球団、南信男社長との会談で、
岡田監督は、
優勝を逸した責任をとって辞任する意思を伝えました。

当然のことながら、阪神球団は慰留に努めましたが、
岡田監督の意思は固く、辞任は決定的となりました。

優勝を逃した翌日(10月11日)に選手、コーチらに辞任の意思を伝えていた。

この日会談した南球団社長も
「そこまで考えていたのかと認識の甘さを反省している。
 彼に対して申し訳ない」
と慰留が難しい事を示唆した。


それにしても、今シーズンの阪神タイガースは、
全日程を終えて、

82勝59敗3分 
勝率 .582

すばらしい成績を残しました。

しかしながら、最大13ゲーム差をつけながら、
逆転で優勝を逃した責任を重く感じての決断だったのでしょう。

今シーズンの戦いを振り返ってみると、
前半好調時には、先発投手を出来るだけ長く投げさせ、
勝ち星もそれなりに付いていたのですが、
中盤から後半にかけては、リリーフ陣に頼りすぎ、
継投が早めになり、自慢のリリーフ陣の疲労を招いた事が、
結果的に、読売の追い上げを許し、
逆転を許してしまった。

しかし、阪神タイガースの今シーズンの成績を見ると、
「よくここまでやった」
と思います。
チーム打率こそ.268とリーグ2位ですが、
本塁打にいたっては、
83本とヤクルトと並んでリーグ最下位です。
この本数は、いかに甲子園球場を本拠地として、
本塁打が出にくいと言っても、
あまりにも少なすぎる。

あの1985年のように219本も打てとは言わないが、
せめて120〜130本塁打は打たないと
やはり優勝は難しいと言う事でしょうか?

いずれにしても、
弱小阪神タイガースをここまで常勝軍団に引き上げた
岡田監督の功績は大きいと思います。

まだ、クライマックスシリーズ、日本シリーズとゲームが残っていますので、
あえて、

「お疲れ様でした」

とは申しません。



ところで、今日のゲームは、勝ちましたわーい(嬉しい顔)
そして、先発した岩田君が見事に10勝目を飾ってくれましたるんるん
∩( ^O^)∩バンザ〜イ!バンザ〜イ!
さらにREDSTAR赤星選手!
350盗塁達成exclamation
おめでとうわーい(嬉しい顔)

でも、中日先発のチェンには苦しめられそうですね・・・
CSでは、しっかり打ち崩してもらいたいものです。


パ・リーグのCSでは、オリックスが敗れ、
念願だった関西決戦は実現しませんでしたね・・・
残念(_ _)

>>勝利の六甲おろしにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ>>人気ブログランキング

2008 阪神熱戦の記録 

阪神、小競り合い・・・

08/10/11  ベイスターズ戦(横浜スタジアム)
    阪神24回戦
阪神タイガース000 100 300  4 H11 E0 
横浜200 000 30X  5 H11 E0 
◇ 高宮  1勝0敗 吉見(S):真田:横山
S 寺原  3勝9敗22S
◆ 阿部  0勝1敗 石川(S):久保田 
 
【本塁打】
  〔阪神
  〔横浜〕内川14号2ラン(阿部)


前日の敗戦ショックを引きずったこの日のゲームは、
まさに消化試合・・・

阪神タイガースのスターティングメンバーは、
1番赤星の名前が消え、
浅井がスターティングメンバーとしてセンターを守る。
さらに、3番新井の名前も消え、
寂しい布陣となっていた。

そんな中阪神タイガースの先発マウンドには、
後半、目覚しい活躍を魅せてくれている
石川君わーい(嬉しい顔)

でしたが、
この日の石川君は、立ち上がりからピンチexclamation
1,2番に連打され、ノーアウト1,2塁(>_<)
3番内川は、1塁ファールフライに打ち取ったものの、
4番村田、5番吉村に連続タイムリーを打たれ、
2失点ふらふら

2回も同様に、回の先頭バッターを出し、
続くバッターにもヒット・・・
その後フォアボールもあり、
2アウト満塁のピンチ(>_<)
しかし、ここは、藤田を空振り三振に抑え、
何とか無得点。

一方の阪神打線は、と言うと・・・
1,2回は、三者凡退。
3回先頭バッター林威助がツーベースで出塁するも、
後続が続かず、無得点。

4回ようやく反撃に出た阪神打線は、
この回先頭バッターの平野がヒットで出塁。
続く関本もヒット!
これでノーアウト1,3塁exclamation
ここで、登場は、我らがアニキ金本exclamation

「一発頼むで」

この阪神ファンの願いのこもった打球はライトへのタイムリーヒットexclamation×2
これで、1点差^^
尚も、ノーアウト1,2塁のチャンスで登場したのは、
このところ調子の戻ってきている鳥谷!!

その鳥谷の打球はライトへ・・・
しかしライトフライ・・・
この打球でセカンドランナー関本がタッチアップで3塁を狙うが・・・
3塁寸前!
タッチアウト(>_<)
これで2アウト・・・
続くバルちゃんもセンターフライに倒れ、
追加点は奪えなかった。

このところ、毎度毎度繰り返される光景がこの日も見られましたふらふら

その後、両チーム無得点で迎えた7回。
ゲームは大きく動きました。
まず、7回表阪神タイガースの攻撃は、
この回先頭バッターのバルちゃんがデッドボールで出塁 (痛!
ここで、バルちゃんに代わって1塁ランナーは、
REDSTAR赤星exclamation

「走れ!赤星!!」

赤星は、林威助への2球目にスタートexclamation×2
セカンドは!
⊂=(^∀^)=つセーフ!!
当然です^^

そして、林威助のセンターフライで、タッチアップexclamation
これも3塁⊂(^O^)つセーフ!!

「やっぱり赤星の足やね〜」

その後、1アウト1,3塁として、
ゲームを作ってきた石川君に代わって、
代打は、矢野exclamation
矢野は、期待に応え、
矢野らしいあたりの右中間突破のタイムリー2ベースexclamation×2
これで同点exclamation×2

続くこの日先発出場の浅井も続いて、レフトへの逆転2点タイムリーわーい(嬉しい顔)
これで、阪神が4対2と逆転わーい(嬉しい顔)

とここまでは、良かったのですが・・・

その裏、石川君からバトンを受け取った阿部が捕まり、
1点差とされ、
さらに、内川に手痛い一発を打たれて逆転ふらふら
結局は、この1点差を返す事が出来ず、
この日も阪神タイガースは敗れてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

こんな事で、CSは大丈夫かちっ(怒った顔)

岡田はんは、
「戦力を立て直して臨む」
て、言うてまっけど、
そんな簡単に戻りまっか???

ともかく信じて、今日の最終戦を見てみましょう。


【豆情報】
甲子園球場のリニューアル工事が今年も始まり、
甲子園球場名物、銀傘の撤去が始まりました。
甲子園球場の銀傘は、約5.400uありますが、
その約14分の1が取り外されました。
今後工事は進み、
新しく設置される銀傘は、広さ約7.500uに広がり、
アルプス席を除いた内野席全体を覆う事になります。

聖地甲子園が新しくなって迎える開幕ゲームが楽しみですね^^

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ >>人気ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。