日記

三振の質

今日は、“三振の質”と題して、書いてみたいと思います。

このところ、阪神打線の調子が少し下降気味のような気がしませんか。

プロ野球交流戦に入って、得点力も落ちてきているような・・・

先発陣が、今一なだけに、打線にかかる比重は、大きいのですが、
その生命線たる、阪神打線が、働かなくっちゃ、
これからの阪神タイガースが心配です(_ _)

そんな阪神打線の中でも、やっぱり注目は、
4番新井選手、5番城島選手、6番ブラゼル選手でしょう。

強力阪神打線においても、誰もが注目する、長距離砲ですから、
この3人の活躍は不可欠です。

でもこのところ、4番新井選手、5番城島選手の調子が今一なのが気掛かりです。

6番ブラゼル選手が、好調なだけに、余計に目立ってしまうと言う事はあるにしても、
最近の新井選手は、内角を攻められ、外角の逃げる球、落ちる球に、つられて、三振とゆう場面を多く見かけますが、
その三振も、力なく、ボールを迎えにいくような姿が気になりませんか?

好調をキープしているブラゼル選手も、三振は多いですが、
その三振のほとんどが、フルスイングでの三振です。
そのスイングに、ファンも期待して、声援を送っていますよね。

「この打席は三振やったけど、
 次はホームランを打ってくれるかも」

と思わせてくれる、三振です。

しかし、新井選手のこのところの三振は、そんな期待が持てない三振が多いと思いませんか。

自分の得意なボール、コースに対しては、フルスイングしてもらいたいと思います。

アニキと慕う、金本選手も、狙い球を絞って、フルスイングしているように、
新井選手にも、豪快な三振を期待したいです。
そうすれば、ファンは、次の打席に期待できるじゃないですか。

フルスイングや!新井!


さてさて、5番城島選手はどうでしょう?

ず〜と見てて、思うこと。

「引っ張り過ぎ!」

チャンスで、打席に入って、

「決めてやろう!」

とゆう気持ちは分かりますが、
その気持ちが空回りして、
サードゴロ、ゲッツーとゆう場面をよく目にします。

もう少し、力を抜いて、右方向の意識を持ったほうがいいのにね。
大掃除は、後ろのブラゼル選手に任せて、
軽〜く、軽〜くいきましょう^^

そのほうが、得点力もアップするはずですから、
チームの勝利を考えて^^

あなた達、が活躍してくれなくっちゃ、
阪神タイガースの勝利はないんですから、
これからも、注目していきますよ(ーー )
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150253677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。