2010 阪神熱戦の記録

阪神投手陣崩壊(´;ω;`)

阪神タイガースプロ野球公式戦     2010/05/13
   日本ハム戦甲子園球場
    
日本ハム 2 2 00 0 0 3 1 0 8 14 2
阪  神 1 0 0 2 0 0 0 1 0 4 6 0

勝 木田 2勝 0敗 0S

負 下柳 2勝 3敗 0S
【本塁打】
阪 神〕城島8号 ブラゼル12号
日ハム〕稲葉6号

阪神タイガース投手陣崩壊状態(´;ω;`)

甲子園球場で始まった今年のセ・パ交流戦ですが、
昨日に引き続き、北海道日本ハムファイターズとの対戦でしたが、
阪神タイガース先発の下ちゃんが、大誤算でした・・・
初回いきなり稲葉に2ランを浴び、
すぐその裏2塁にマートンを置いて、鳥谷のセンターフェンス直撃のタイムリー2ベースヒットで、1点返しましたが、
それでも、下ちゃんは、立ち直れず、
2回にも2アウトランナー1塁の場面で、日本ハム先発の増井に左中間を破られるタイムリー2ベースを打たれるなど、
2失点(>_<)
結局、下ちゃんは、2回もたずに、降板ふらふら

その後、リリーフ陣が踏ん張り、
迎えた4回城島のソロホームランで反撃の狼煙を上げると、
続くブラゼルも、らしい豪快なスイングで、
ライトスタンドに突き刺さる、

2者連続ホ〜ムラ〜ンわーい(嬉しい顔)

まさに、ピンポン球でしたわーい(嬉しい顔)

ようやく盛り上がってきた、甲子園球場に詰め掛けた阪神ファンでしたが、
その後、追加点が奪えないまま、ゲームは後半戦に突入していきましたが、
7回から登板した久保田が下ちゃん以上の大誤算でしたふらふらふらふらふらふら
4連打で、3点を追加され、阪神タイガースベンチも、呆れ顔(*_*;
真弓監督は、口をポカ〜ンと開けて、
呆然といった感じでした・・・
結局、その後の阪神タイガースの反撃も1点に終り、
交流戦日本ハムに連敗・・・

すぐ下を見れば、
中日ドラゴンズに尻尾を掴まれています・・・

そして、上のウサギが一休みしているのに、
虎は、春眠の真っ最中・・・

次の楽天との対戦は、2枚看板の登板が濃厚ですから、
阪神タイガースの苦戦は必定・・・はぁぁぁ

こうなれば、

誰か出てこ〜いexclamation

と叫びたくなりますねぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。